多言語化プラグインqTranslate‑X どこでもコード

多言語サイトの制作依頼があり、ワードプレスで多言語化サイトを作ってみた。
きっと忘れるだろうから、覚書きとして記録する。

他言語サイトをつくるいろいろな方法

多言語サイトを作るには、下記3つの方法がある。
下にいくほど難易度が高い。

  1. プラグインを使用する
  2. マルチサイト運営
  3. 国別にWordpressを分ける

今回は、クライアントに納品した後の利便性を考え、
プラグインで対応することにした。

実際にテスト導入して、プラグインの使いやすさ、拡張性を検証。

いくつかある、多言語化プラグインの中で、
今回は下記のプラグインを選出。

多言語化プラグイン
・qTranslate-X

qTranslate-Xのよしあし

多言語化プラグイン

使用するメリット

  • タブ切り替え式、同じ画面内でサクサク多言語の記事やテキストが入力できる
  • 記事や固定ページだけでなく、カスタムフィールド、ウィジェットなどあらゆる箇所で使用できる

使用するデメリット

  • サイトが重くなる(表示スピードが遅くなるのでSEOに悪影響)

記事以外のどこでも使えるコードが便利

カスタマイザー上でテキストの文言を多言語入力したいけど、切り替えボタンが表示されない。
他のプラグインでも、そんな箇所があったり。なかったり。

qTranslate-Xなら、切り替えボタンが表示されない箇所には、
下記のコードを入力したら、問題なく言語の切り替えができた。

[:ja]ニッポンを楽しもう[:en]ENJOY JAPAN[:]

上記のように入力すればOK。

各所の説明

1.日本語の部分

[:ja]ニッポンを楽しもう

2.英語の部分が

[:en]ENJOY JAPAN

3.最後に閉じる

[:]

さいごに

使用していて気になること、発見があれば、追記したいと思う。

多言語化サイトを作る上で、参考になった動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です